ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ASV カウンセリング・センターとは

<<   作成日時 : 2008/06/28 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今、ギビング・ハンズにおいて一番力を入れてサポートしようと
している施設、ASV(アートマ・シャクティ・ヴィディヤラヤ)。

よくこのブログで登場するファーザー・ハンク氏率いる、
精神的な病を抱える子どもたちのカウンセリング・センターだ。

以下、そのセンターの簡単なプロフィールをハンク氏より
いただいた。

------------------------------------------
アートマ・シャクティ・ヴィディヤラヤ協会、バンガロール

●要旨
組織の概要

アートマ・シャクティ・ヴィディヤラヤ(ASV)は、1979年に創設された
セラピー・コミュニティで、これまでに160名を超える精神的な病を
抱える人たちのリハビリに成功し、社会復帰へと導いています。

ユニークなアプローチと成功の実績により、国外からも数名の人たちが
当所のセラピーを受けにきています。その他の特記事項として:

01.セラピーの雛形を開拓し、着実で継続的なリハビリの成功を得ており、
   その実績は国際的にも認められています。リハビリを受けた患者の
   機能的な生活や仕事への復帰率は、統合失調症の患者については
   90パーセント、全体としては56パーセントとなっています。

02.最適な環境作りをし、コミュニティの滞在者の定員を常時
   25名としています。

03.能動的参加と自主的主張、精神的な病とそのリハビリの成功によって
   得られる社会的及び経済的価値についての認識と理解。

●プロジェクトの社会的及び経済的な意義

アートマ・シャクティ・ヴィディヤラヤは、国の生産力や社会及び経済の繁栄に
大きな影響を及ぼす分野においてパイオニア的な取り組みをしており、
ほとんど顧みられない領域に革新をもたらしています。

現在、インドの全人口の10パーセントに値する人びとが、何らかの
精神的不調を抱えていると推定されています。

WHO(世界保健機関)とハーバード大学の委託を受けた
「疾病の世界的負担の研究」によると、2020年までには、
(鬱や統合失調症のような障害を含む)精神的な病が、
インドの発展を阻害する主な要因になるだろうと予測されています
(2003年11月10日付TIME誌の報告)。


私たちは効果的で確固たる方法論を打ち出し、これまでに160名の
人たちを機能的な生活や仕事に復帰させることに成功しており、
この世界的にも先駆的で革新的な取り組みは、国際的にも認め
られています。

従来の精神医学や薬物療法の領域では、この種の取り組みは
試みられておらず、精神病に対する社会的な偏見や貧弱な
公共政策をもってしては、そのような取り組みに対して経済援助を
行う既存の支援機関もありません。

プロジェクトは、確固たる方法論の原則とテクニックを堅持することに
よって成功を収めていますが、内的及び外的評価を継続的に実施し、
(最も権威ある)ロンドン王立精神科医師会の名誉ある認定を
受けられるよう研鑽を重ねています。

この取り組みは、インド全土及び世界においても再現可能であり、
かつてその恩恵を受けた二組の人びとが私たちの指導の下、
同様のセンターを設立する準備をすでにチャンディガーとヴァルサッド
で進めています。

●基本理念

アートマ・シャクティのメソッドが掲げる理念は、アートマ・シャクティという
名称自体に秘められています。私たちは基本的に、人は適切な環境が
与えられるならば、心の健康と活力を取り戻すための選択や決断が
できると考えています。

リハビリに成功した人たちについては、その後の生活や社会において
成果を維持できるように、ASVを離れたあとも当機関が万全なサポート
を行っています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ASV カウンセリング・センターとは ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる