ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS チェンジメーカー

<<   作成日時 : 2008/06/28 01:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月末、インドから戻ったら会員の方から、こんなメールをいただいた。

--------------------------------------

渡印お疲れ様でした。
>
> ちょっと影響を受けた本がありました。
>
> 「チェンジメーカー」 〜社会企業家が世の中を変える〜
>
> 「社会福祉」と「「アントレプレナー」が融合した
> 「ソーシャルアントレプレナーシップ」が
> これからのビジネススタイルであり社会に必要なものとしてもっと興ってゆく。
>
> といったような内容です。
> 海外で活動する日本人の写真家が、
> 世界でこういった起業を支援する財団関係者や企業家たちを
> 写真を交え取材をし、紹介している本です。
>
> NPOとして経済活動と社会福祉を成立させることは
> 今後のギビング・ハンズの活動には欠かせない研究材料ですよね。
>
> こういった視野で今後を考えてゆきたいな、と思わせられた本でした。
> 何かの際に皆さんにも参考にご覧になっていただければと思いました。
>
>
> 「チェンジメーカー」 〜社会企業家が世の中を変える〜
-------------------------------------------

ユーザレビュー:
“社会起業家”を世に ...
生の声こういう話は本 ...
今一歩、心に届かない ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「チェンジメーカー」のレビューを読み、インドに発つ前に
手に入れようと、アマゾンを覗いた。

以下のレビューにうなずくばかりだ。

『哀れみの気持ちからの慈善事業ではなく、押し付けがましい
奉仕活動でもない、新たな社会貢献のかたちを示している』


わたしがチャリティ活動をライフワークとして取り入れようとしたとき、
大手のNGOを見学してみた。で、そこの活動をを紹介していこうかと考えた。

見学に行った。
“なにかが違う” と感じた。
だったら自分でやるしかないかとギビング・ハンズを立ち上げた。

本業の合間をぬっての活動だった。
やりながら方向性の調整に、試行錯誤だった。

そのとき、生前のマザー・テレサの映画を観た。
マザーがボランティアや新米シスターたちに言う。

「単なる慈善活動をやるつもりなら、他の福祉団体に行きなさい」

と叱咤する。

“神様の仕事をする” という確固たる信念がそこにはあった。
あそこまでの実績がつくられた根底が、見えた。

   それそれ! わたしがしたいのも

ここで、活動の「あり方」が落とし込まれた。

この本がその頃を思い出させてくれた。

ソーシャル・アントレプレナー(「社会福祉」と「お金もうけの起業」という
一見相反する二つを組み合わせた造語)
に焦点をあて、
次のステップに進む時期なのかもしれない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チェンジメーカー ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる