ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 世代を超えて

<<   作成日時 : 2009/12/11 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


          「おぉ ツェリン 大きくなったなぁ〜」

画像


支援しはじめの頃と比べて成長した担当チャイルドの
年一回送られてくる写真を見ながらこう語るスポンサーは、
わたしから見たら、まだ齢(よわい)20歳の、男の子だ。

彼は18歳のときからチベッタン・ラマの学校に寄付している。
そう。初めてアルバイトでもらった給料の使い道が
チャイルド・サポーティングだった。

http://giving-hands.jp/contribution.html

親御さんのサポーティング姿を見て、自然とそんな
流れになったに過ぎないらしいが、「子どもの支援」
というよりも、年の離れた「弟の支援」のようである。

今どきの若者は、「人のためにお金を使うのがお洒落」
のようである。ひと昔前の高級車購入のための借金が、
人助けのためのピースボートに乗る借金に取って換わって
いると巷では聞く。

画像


明日からインドでの結婚式に出席するため渡印する。

未だに80%のお見合い結婚文化の、しかも離婚率1%未満
という、驚異的結婚観を有する婚活5,000年の歴史を
もつ国のウェディング・セレモニー。

ギビング・ハンズで支援している恵まれない子どもの
延長線にある、成長した子どもたちの集団結婚式である。
みなさまからお預かりした結婚支援金を持参し、代表として
列席する。

これにより、日本の結婚事情に少しでも貢献できることを祈って・・・
   → このカラクリ → 足りないものを先に出す

インドやチベットの結婚適齢期は早いので、日本の若者
支援者と、支援されている現地の子どもたちの結婚時期が、
きっと同じ頃になるのだろう。

そして同じ年頃の子どもを生み育て、世代を超えた
お付き合いになる
かもれないと思うと、なんとも楽しみである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世代を超えて ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる