ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 両刃の剣 【三者報告会】

<<   作成日時 : 2010/06/08 02:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「真面目に勉強しない子は、支援を打ち切ります

   うゎ〜 シビア・・・

ギビング・ハンズでは、
ネパールの片田舎の貧しい公立学校を支援している。

画像


シュリ・パドマ・プラカッシュ・セコンダリー・スクール
http://giving-hands.jp/facilities.html#SPPSS


この校長の言葉に、

「そこまで日本人、望んでませんが・・・」

と、口から出そうになる。

しかし、

彼らはそんなことは関係なく、支援を受ける側の
当然の義務として、
様々な取り組みをしている。

そのひとつに、【三者報告会】がある。

@支援者  → おもに日本人

A被支援者 → 生徒およびその家族

B媒介者  → 学校および地域社会



この三者が一同に会して行なう、
年次報告である。


年間の収支報告、学童の成績発表とその表彰のみならず、

支援者の紹介とその功績を、皆の前で行う。


これにより、

まず支援者は
支援金がどのように使われているか一目瞭然、

被支援者である生徒と父兄は
どんな方々からの援助か把握でき、
それに応えるべく、勉学に励む。


さらに、媒介者である学校側も、
受け取った支援金をストレートに子どもたちのために
使っている「透明性」が証明される。

非常に明朗な、支援システムである。

画像



今年(2010年)の3月、

新校舎完成式典を兼ねた報告会に
参加してみた。


そもそも、ここの支援を始めたきっかけは、

4年前に初めてネパールを訪れたとき、
宿泊するホテルの送迎車にいたガイドとの話から始まった。

「ネパールは初めてですか?」

「どんな目的?」

どこに行っても聞かれる会話。

答えも、普通に

   NPO関連(すでに支援しているチベッタンラマの学校視察)

   ところで、
   どこか支援するにふさわしい施設か学校、ご存知でしょうか?


ネパールという国は、多くの諸外国から国際支援を受ける国である。

その諸外国のトップに日本がいる。


なので、
わたしのような目的で訪れる人は少なくないはず。

なのにガイドさん、「へ〜 珍しいですねぇ」と

驚くばかりで、ちっともこちらの質問に答えてくれない。


しかしホテルに着くや否や、ある公立学校の校長と
連絡をとってくださり、

翌日の視察があっという間に成立した。

彼らとは
それからの付き合いになる。


今回の報告会には、
その地域を担当する議員も来ていた。

いやに本格的だと感心していたら、
ネパール語の通訳の方が経緯を説明してくれた。


この方は普段、日本に在住している、この学校出身でもある。

さらにここを紹介してくれたガイドさんの弟だという、
生粋のネパーリーである。


彼が日本にいるとき、この議員が訪日した際、通訳をしたのだと。

ちょうどいい機会なので、
今回の報告会に来てほしい旨を伝えたらしい。

しかして
返事はあっさり「No」だったと。

普通はそこで引き下がる。
しかし、この通訳、ひるがえって説教しはじめた!

「あのですね! 

日本人が汗水流してコツコツ貯めたお金を
ネパールの子どものために、

しかもあなたの選挙区内の地域のために使っているんですよ! 

それを 『忙しいから』 と二つ返事
で断るなんて、どういう神経ですか!

万障繰り合わせて
絶対に来るべきです!!」


   ・・・・ 絶句 

   わかったわ、なんとか調整してみます。

   ところであなた、その能力、外交官にでもなったらいいわね


ホメ言葉なのか、イヤミか。

かくして、この女性議員、開始時刻を
大幅に遅れての到着だったが、

当日ちゃんと現れた。

画像



ここは、

国が、地域が、学校、生徒、父兄、支援者が
一体となって、システムを動かしている。

さらに、

その時わたしが持参した支援金額とその用途を
皆の前で発表するので、前に出てほしいと。

とっさに言われたわたしは

「いや、いいですよ。

   学校側が把握してくれれば」と断った。

すると
先ほどの議員さながらの勢いで通訳から


「なに言ってるんですか?

それでは生徒や父兄たちが
その支援金で使われたものに対しての価値がわからない
じゃないですか!」


   ・・・・ 沈黙

   そ、そうですか、皆のためなら前に出ますよ

今度はわたしがいいように諭された。

支援する側にもそれをちゃんと
伝える義務があるのだと。


寄付ひとつとっても、

しっぱなし(支援者)、受け取りっぱなし(施設や学校)、
されっぱなし(子ども)が多々ある中、ここの徹底ぶりは目を見張る。


さすが、議員にホメられる外交官顔負けの仲介人だけある。


義務と権利の絶妙なバランスが取られる。

支援活動はヘタをすると “両刃の剣” だ。


いわれのない資金が動くことで、
堕落、甘え、自己満足、依存が生じやすい。


もっとも重要な 『自立』 にほど遠くなる支援なら、しないほうがいい。

ギビング・ハンズも少なからずNPO団体として、

この原理原則を押さえて、
支援者が見ていようといまいと

義務と責任において、
「自立」を掲げ、なすべきことを為そうと思う。

関係者
すべてが成長できることを願って。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
両刃の剣 【三者報告会】 ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる