ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 天の粛清 その2

<<   作成日時 : 2011/12/09 18:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何年も前から、南インドに行きたいと訴えてる友人がいる。

目的地はシヴァ神がいらっしゃるという
アルナチャラ山が鎮座するティルマンナマライ

  行ったらいいじゃな〜い

サラリーマンである友人の日程に合わせて
「盆・暮れ・正月」時期に海外へ行く気などしない
不親切なわたしは、他人ごとのように振る舞う。

やさしくないが、少しの配慮くらいできそうな
わたしは、場所や日程のアレンジ、ガイドの手配
ならしてあげることにした。

もともと12月に行く予定だった友人。
わたしの渡印日程は11月頃だったが、
結局この12月になった。

そう伝えると

「年末休みじゃなく、普通の日に休んで行く」

と申し出る友人。
だったら、わたしが案内しようか。

ということで、一足早くインド入りしたわたしは
本日、空港まで友人を迎えに行く。

で、そのままティルマンナマライへ直行。

よく「インドに連れて行ってくれ〜」
と頼まれる友人に必ず伝えること。

   わたしの仕事に支障がなければね

そんなわたしが、友人の訪問希望地のために
わざわざ仕事を中断して、往復12〜3時間かけて
空港まで迎えに行くなんて珍しいこと。

前回、初インド訪問のYOSHIでさえ、空港から
ひとりでタクシーに乗って現地まで来させたのに。

理由。

わたし自身が久しくティルマンナマライを
訪問していないため、この機会にシヴァ神に
ご挨拶してこようかと。

その後、別の友人から、聖者に指示されたという
サドゥ(修行者)へのフリーミールを100人以上
やってきてくれと依頼される。

   うわぁ〜

100人ものサドゥが一同に会する場所なんて
南インドではティルマンナマライしか知らない。

ということで、渡印する友人の希望地と
サドゥへのフリーミールを施す地が一致。

12月満月の日。

ティマンナマライではシヴァ神のお祭り
カルティッケイ・ディーパム(12月の灯明)の日。

アルナチャラ山のてっぺんで1000kg以上の
ピュアギー(純粋なバターみないなもの)に火を灯し
カルティケイの日から三日三晩焚き続ける。

  ※インド占星術でいう27のナクシャトラの
   クリッティカーの日時


10万人もの人びとがその地を訪れる。

きょうの地元新聞にその模様が掲載されている。

画像


標高2668mのアルナチャラ山の登頂で
8日午後6時、ディーパムを灯す



3年前、姉を連れてその日に訪問し、宿も取れず
満員電車さながらの人だかりで、えらい目に遭ったが
知人宅の屋上からディーパムを拝んだときは圧巻だった。。

今回は満月を狙ったわけではなく、フライトチケットの
関係でちょうど10万人の参拝者が潮を引く真夜中に
現地に着く予定が組まれた。


それが奇しくも10日の月食日。
そこで130人ものフリーミールを施すのだ!

月食時に行う善事は、100万倍とも1億倍にもなる
といわれている。 ⇒ 

この日程すべてがわたしの意思で組まれたわけではない。
他者の希望を叶えていたら、こんな流れにつながった。

さらに月食前夜(つまり本日)、ラーフとケートゥが
奉られている寺院ティルパンプラムへの訪問が
突如組み込まれた。

本来は真逆な働きであるラーフ(物質)ケートゥ(精神)
の融合を示す寺院で、ラーフカラム(ラーフの時間帯)に
行う儀式はいつもながら超満員である。

ラーフ&ケートゥといえば、【喰】の起こるポイント。
月食前夜にはもってこいの参拝日和だ。

なんだかいいこと尽くめである。

明日は、三日三晩灯されているというアルナチャラ山に登り、
カルティッカイ・ディーパムを目の前で拝んでくる予定。


ということで、わたしだけ善事を重ねるのもなんなので
《月食寄付》を2年半ぶりに行います。


ティルマンナマライの聖者、もしくはその他の施設で
恵まれない子どもたちにフリーミールを施します。



希望者はギビング・ハンズの口座にお振込みください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天の粛清 その2 ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる