ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 時空を超えた助け合い

<<   作成日時 : 2013/07/04 15:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

南インドのガイドから
深刻なメールが届く。


「義理の母が病気で倒れ、

妻は嫁いで以来はじめて病で苦しみ

息子は卒業試験が通らず(理由不明!)

挙句の果ては自分が入院するハメに・・・


木星のトランジットに願いを込めて

プージャをしてもらうことにした。

しかも儀式場所が南インドではなく

北インドで施せという指示」


画像



これが仕事の滞り原因だと言い訳するガイド。

1ヵ月も入院しているガイドに痺れを切らし
いつ仕事を再開してくれるのか問う。

いつものことだがら、情に流されず
されど、ちょっと薄情かと思い聞いてみる。


  で、いったいあなたはナンの病なの?


「毒消し」

  ん〜


その数日後。

「ついでにギビング・ハンズの分も
  祈祷しておいたから」





と、写真が複数届いた。

画像



  !!

写真を見て気づく。


ガイド家族を襲ったハプニング。
これは、もしかしたら、

うちが依頼した
月食・日食フリーミールの反作用かも。


ガイドはこの4月、5月と
総勢5000人への無償の食事を施した。

昨年、数千人単位で施したフリーミール時に
起こったハプニングのカラクリに、2回連続したことで気づいた。


今回は何が起こるかと覚悟していたら
滞りなくやり遂げた。

学校が夏休み中だったことであらゆる場所に赴き
フリーミール行脚をしたガイドたち。

今まで以上の労苦が伺える。

その2週間後。
ガイド一家の解放が始まった。


と、こんなシナリオが予測される。

が、ガイドはひと言もそんなこと言わない。


その代わりに、無言で「祈祷」写真を送ってきた。

ギビング・ハンズの浄化を祈る、と言わんばかりの。

画像


持ちつ持たれつ。
お互いの役割を遂行するのみ。

お役目ご苦労さま、という意味を込めて
これ以上、仕事の催促はしないことにした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時空を超えた助け合い ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる