ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ガイアの陰陽 入れ替わり

<<   作成日時 : 2013/12/22 02:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年の冬至の瞬間
協定世界時:UT=12月21日 17:11

   日本時間に直すと

   12月22日 02:11

地球の陰陽が入れ替わり
クルッと「」に傾く(北半球)この瞬間

 ※地球が太陽のまわりを周回し、
   いちばん南回帰線いっぱいいっぱいの
   天頂に太陽が見える位置まで来た瞬間が
   もっとも陰に極まった状態(北半球は)
   その瞬間から陽に転じる。


ガイアに住まう我われにとって
大変重要な起点である冬至に ⇒ 

インドで
フリーミールを依頼する。


先日、ある小学校の子どもたちの
集めた募金が、フリーミールとして施された。

うちの理事のひとりが
その小学校で国際理解教育の授業で講演をした。

小学生から英語の授業が導入された今
単に机上の英語を教えるだけでなく

国際社会の現状を子どもたちに
伝える必要がある。

その授業を企画くださった
長野県の境小学校の先生から

フリーミールを施す経緯を聞いてみました。

画像


★☆★☆

長野県諏訪郡富士見町立 境小学校4年生
坪井 美佳 先生より

小学校で外国語活動が始まり、
4年生も英語を楽しみながら学習しています。

さらに、国際理解教育の一環として私自身の海外経験や、
年に一度行われるインターナショナルデーを機会に
国外へ目を向けられるような授業や活動を行ってきました。

こういった話は、
おそらく憧れるような海外の一面です。

そのような時、

「世界一大きな授業」
  http://www.jnne.org/gce2013/

というものを学校の回覧で知り、
授業を行うことにしました。

この授業を通して、学習したり、
毎日の食事が食べられたりするなどの現在、

自分たちが置かれている環境のありがたみなどを
体験と共に学ぶことができました。

そのようなことを小野さん(ギビング・ハンズ理事)
の娘さんにお話する機会がありました。

娘さんは、本校が英語活動で
お世話になっている会社に勤務しています。

時々、来校されていたのでこの話を小野さんの
娘さんにすると、とても興味をもってくださり、
お母様である小野さんにお話をされたそうです。

そして、お母様がボランティア活動をされている
ということでしたので、機会があればぜひ
学校で講演をとお願いしていました。

同時に「世界一大きな授業」を通して、
日本の子どもたちが何かできることはないか
と考えてきました。

それが「募金」でした。

春にクラス20名だけが集めた微々たるお金ですが、
どのような機関へ託せばよいのか
答えを出せないままずっと持っていました。

いよいよ、小野さんが授業をしてくださることとなり、
打ち合わせをしているときでした。

そこで目にしたのがフリーミールの写真です。

画像

寄付したお金が、実際にどうなったか

【目で見える募金】というのは
これまで知らなかったので

その瞬間
ぜひ、ここへお願いしたいと思ったのです。

子どもたちが小野さんへ手渡しして託したお金が、
「フリーミール」となり、

画像


インドの子どもたちの笑顔に
変わった写真を目にして、

クラスの子どもたちも
驚きと喜びいっぱいとなりました。

画像


少しでも世界の子どもたちのためになれたことを
思うと、クラスとしても幸せな気持ちです。

これからも、世の中の平和と幸せを願っています。


★☆★☆

陽の初日にして
未来は明るい兆しです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガイアの陰陽 入れ替わり ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる