ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 82年振りの大地震 その1

<<   作成日時 : 2015/05/03 14:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ときは

4月25日、午前11時。


インドネシア、バリに住む友人から

久し振りに 一通のメールが届いた。


  先ほど、ニュースで
  ネパール、インド、中国までの地震の情報を見ました。

  あなたの事が頭に浮かび、ご連絡させていただきました。

  被害に遭われていないことを祈ります。

  また、関係の方々も無事であることを祈ります。



年間の多くを、インドで過ごす私を心配しての連絡。

国内出張中だった私は、ホテルでメールを受け取る。


さっそくニュースをチェックし

ネパールでのM7.8地震を確認。


知人には

「日本にいるから無事」

という短い返信をし

即、ネパール在住の友人に安否確認の連絡をする。


首都カトマンドゥとポカラ在住の2人。


震源地からだいぶ離れた、ポカラの学校からは

「被害なし」の即答メールが届くも、


カトマンドゥにある学校関係者からは、

何日経っても、音沙汰が、ない。


電話もつながらない。


日に日に被害者数は増すばかり。


とうとう、

   死者5,000人を越えた。


いてもたってもいられず

再度、携帯電話を鳴らしてみた。


   つながった!


 しかし、音だけ。

 誰も電話口には出ない。



生死がわからない。


こんなとき人は、いったいナニができるというのか。



悶々とした数分後、一通のSMSメッセージが!


Namasute,

Thank you for call.
I was out side, please tell me how you can help us?




   ナマステ、 連絡ありがとう。

   私は外にいたので無事ですが、

   私たちを支援くださいますか?




  あ、よかった・・・


遠く離れた、

めったに顔を合わせぬ支援先の知人だが

安否確認ができ、安堵した。


その後、そのネパール人から

支援先学校の被災写真が送られてきた。


日本の支援で建設した鉄筋の新校舎はビクともせず

レンガつくりの古い校舎は崩壊していた。




画像



そのネパール人の弟さんは、日本に在住している。


詳しい情報をきくため

さっそく連絡をとってみることに・・・

          つづき・・・
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
82年振りの大地震 その1 ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる