ハンク氏 出版プロジェクト報告


「秘書の件は、いかがでしょうか?」


今年の春から取り組んでいる、南インド バンガロールの
カウンセリング・センター(ASV)での出版プロジェクト。

若者のメンタルケアを対象とした、ユニークなカウンセリング療法
を本にするには、超多忙な著者であるハンク・ナン氏のサポートに
秘書をつける応援をしようと、GHで雇用費用を支援していた。

しかし、何ヶ月たっても秘書雇用の知らせが届かない。
GHI(ギビング・ハンズ インド)のスタッフから再三
連絡させても音沙汰なし。

しかたがないので、10月インド人スタッフ率いて現地訪問する
ことにした。スタッフはサラリーマンなので、訪問は日曜日。

上記の問いにハンク氏は、さらりと答えた。

「あ~ 彼女は今日、日曜だから休みだが、明日は出てくるよ~」

え? 彼女って・・・ すでに【秘書】という特定の人物が
存在するわけ? それとも質問の意味が通じてなかった??

一瞬、受け答えできないまま、違う話題になってしまったが、
再度確認してみた。

「あの~ 秘書は、もう雇われたのですか? それはいつ?」

答えはYES、それも2ヶ月も前に。それを聞いたスタッフと
顔を見合わせ、思わず笑ってしまった。

あれほどヤキモキしながら報告を待っていたのに、なにごとも
なかったかのようなハンク氏の爽やかな対応と、しっかりと
プロジェクトが進んでいることに、ようやくひと安心した。

こちらに報告してくれないと、秘書雇用費の補充もできないの
だが、そんな重要なことも二の次になるほど、ハンク氏に休養
などない。

どこからそのバイタリティがあふれてくるのかと、わずか雇用
されて2ヶ月の秘書が、ハンク氏の人間性を絶賛していた。

あとはこの二人三脚で、本が出来上がるのを待つだけである。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック