ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 変化球のかわし方

<<   作成日時 : 2009/11/01 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「結婚式が、12月に延期になりました」

・・・・・

突然、インドから伝えられた知らせに
いつものこととはいえ、返す言葉を失った。

ギビング・ハンズでは、恵まれない子どもたちが成長した
あとの結婚支援も行なっている。

画像


個別の支援ではなく、集団結婚式が年一回行なわれる。
それが11月22日の予定だった。

9月に知らされた予定は16日。その後変更されて22日に。
そのつもりで、11月14日から渡印する手はずだった。

航空券は一ヶ月前から押さえていた。
代理店には支払いを済ませ、発券待ちで延期の知らせだ。


電話の向こうで、スタッフが恐縮している。
怒ることもできず、ただ落胆するしかなかった。

このプロジェクトを主催しているところは、外国と交流するのが
初めてだと。こちらの基準を推し量ることに、慣れてない。

5年付き合いのあるADFでさえ、ようやくこちらとの対応に
慣れてきたところだ。初めてのところなど、ましていわんや。


そんなとき日本のある大手会社の就労時間に関する
裁判記事を目にした。 事件は7年前のこと。

何人かの社員が労働時間内に着替えを行った(10分前後)
ことで、就業規則違反で賃金カットされたと。

社員側は「作業前の着替え時間も労働時間に含まれるべき」と
主張し、「賃金カットも不当だ」として裁判を起こし最高裁まで
もつれたと。

結果は、着替えの場所は就業規則で決められているので、それも
労働時間となる。

よって会社側はカットされた賃金を支払うことになったと。



日本という国では、10分のことで最高裁までもつれる大ごとになる。

インドでは、飛行機で移動する予定ですら、直前に
ドタキャンされる国なのだと。

「信じなれない!」を連発していた10年前。両国を行き来する
うち、頭の切り替えが、だいぶ訓練されたようである。

ようやくわたしも、インド流に慣らされてきたようだ。
要は、「そんなもの」 だと相手を理解するしかない。

結婚式は12月13日(日)
渡印は10日の予定

ご支援くださった皆さまには、来月ご報告させていただきます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
変化球のかわし方 ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる