ギビング・ハンズ Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS インド国 真の食べもの事情 その4

<<   作成日時 : 2014/04/17 14:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そのメールは

春分の3月21日に施されたであろう
フリーミール写真を開くと

日付が3月14日に表示されている
という内容のもの。


   これか・・・


これは、今回だけでなく

以前からあった問題である。


今まで日本側のスタッフが気づき


   指定日に本当に実施しているのか?


と強く問い質していた。


「間違いない!」


毎回、力説するガイド。


「30人(10,000円)未満の依頼は

指定日以外に実施するが、


30人以上の指定日の場合は

祭日でない限り(子どもが集まらない)、

必ず!! その日にやる。



まして、
多くが参加する春分など地球規模の、

替わり目@フリーミールを

別の日に実施するなんていう、

そんな、重たいシン(罪)になるようなこと

できるわけないでしょ」



   では、

   なぜ写真撮影した日付が違うのか?


「原因がわからないから、困っている。

メカに強いSEの息子に何度も日付けを

調整してもらったが、すぐに狂ってしまうのだ」




確かに彼は

誕生日の3日前の依頼でも引き受けてくれるのだが

そのとき送られてきた写真が

やはり別の日付けだったこともある。



これらをみると

完全にカメラの問題であることは理解してはいる。



しかし、スタッフからの指摘ではなく

今回は依頼者からの疑問として届いている。



日付け指定したはずなのに

記録が別の日になっているというのは

どうにも釈然としないものである。



ガイドとは
10年来のビジネスパートナーである。


わたしが、ここインドで、

NPOはじめ
他のインド人となんらかの仕事を一緒にするときの

確たる姿勢を、ガイドとして彼はよく観ている。


相手から少しでも、不誠実さが見えてくると

即、パートナシップを解除する。


わたしに限って

「ラストチャンス」という、日本的な温情など、ない。




わたしの「あり方」を

彼はよく熟知しているはず。


たとえ

わたしに分からないところで
イカサマして得したとしても

たちまち天から
振り出しに戻されることになる

ということも、他の例で目の当たりにしている。


「誠実さ」が

わたしとの関係性で
すべてのカギということもわかっている。

なので、
こんな子どものような

小賢しい細工で、すべてを失う
かもしれないようなことをしても、まったく割に合わない。


なのに、

いったい
これはどう解釈したらいいのか。


続いて解説するガイド


「もう、どんなに調整しても直らないから

とうとう、新しくカメラを買ったよ」


    あ、それでか!


日本側以上にインド側は
悩みに悩んだあげく


自腹を切って
新カメラ購入
という策に出たのである。


「これからは、その問題は起きないはず!」


まるで
日本から持ち込んだカメラが悪い

と言わんばかりだ。


通常、フリーミールを実施した夜

長時間の停電でもない限り

ガイドはその日撮影した写真を
日本担当者にメール送信することになっている。



15日の月食フリーミールも同様、
新しいカメラで撮影された写真が日本に送られた。


しかして、

そこには、ショッキングな現象が待っていた。


わたしが現地入りし、目の前で撮影されたはずの
その写真の日付けが、


な・ん・と

前日の「14日」に表示されていたのだ!!



唖然としたガイド。

カメラが原因だとばかり思っていたのが

違ったのである。


言葉が出ない。


その後、ガイドは

原因追求のため、眠れない夜を過ごすことに。


             つづく・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インド国 真の食べもの事情 その4 ギビング・ハンズ Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる